うえのファミリー歯科クリニック【大阪市旭区 今市・千林商店街】 うえのファミリー歯科クリニック【大阪市旭区 今市・千林商店街】

今市・千林商店街の歯医者さん

MENU

DENTAL MEDIA

プレママ・プレパパへ

スタッフブログ
プレママ・プレパパへ

親になる・なった方へ

ライフステージによって生活が大きく変わるように、お口の注意点も異なります。

女性の大きなターニングポイントは妊娠期です。妊娠中はホルモンや体調の影響で、お口のトラブルが起こりやすい時期。歯科の受診時は、必ず妊娠中である事を伝えていただき、母子健康手帳をお持ち下さい。

出産後は、お子様へのセルフケアも欠かせません。しかし赤ちゃんへの歯磨きに困られるママさん・パパさんも多いです。そんな時はぜひ小児歯科も利用してください。

 

プレママ・プレパパへ

妊娠中の歯科健診はいつでも良いですが、治療は妊娠の時期によって対応が異なります。体調やトラブルにもよりますが、本格的な治療を受けていただけるのは安定している妊娠中期で、その他の時期は応急処置が中心になる事があります。

 

歯肉炎・歯周病に

妊娠中はセルフケアが十分に出来ないうえ、ホルモンの影響で炎症が起こりやすい状態です。

妊娠の9割に「妊娠歯周炎(歯周病の1つ)」が起こると言われています。

歯周病が重症化すると早産や低体重児の出産リスクになる事が分かっていて、早産のリスクは約5倍という報告もあります。

 

☆歯ブラシは?

妊娠中の歯ブラシは、子ども用などのヘッドの小さなものや、毛の柔らかいものを利用すると違和感が少なくなります。

 

対策1♪つわり中はセルフケアを工夫

吐き気で歯磨きがしづらければ、体調の良い時間帯を見計らって、1日1回はしっかりセルフケアをして下さい。補助的にデンタルリンス(洗口剤)も使ってください。

間食は甘いものを避け、食べたらブラッシングをセットにしてください。

 

対策2♪パパも一緒にプロのケア&治療を

赤ちゃんは、生まれた時にはお口に細菌がいません。が、徐々にお口に虫歯菌が伝染します。感染元になりやすいのが御両親です。

赤ちゃんに有害な細菌をうつさないように、妊娠期間中に治療を受け、さらに定期的に専門的な歯の清掃を受け、お口の細菌数を減らして、赤ちゃんへの有害菌の伝染うぃ少なくしましょう。

 

子どもが生まれたら

乳歯が生え始めたら、子どもの歯磨きの習慣づけを始めましょう。

まずは、保護者が磨き、子どもが自分で持てるようになったら、自分磨きと仕上げ磨きの二段構えにします。歯科に相談して頂く事もオススメいたします。

 

保護者みがき

膝の上に頭をのせて、寝かせて磨きます。

歯ブラシは乳児用のものを使っていただき、鉛筆を持つようにして、片方の手の指で子どもの唇を軽くめくるように抑えて磨きましょう。

2歳頃までは、上の前歯の外側、歯と歯の間などが虫歯になりやすいので、注意しましょう。

嫌がらず上手に出来たら、褒めてあげてください。

 

乳歯の生え始めは?

膝の上にのせて口の中をよく観察し、初めのうちはガーゼや綿棒などで歯を清掃してあげましょう。

慣れてきたら、乳児用歯ブラシで数回触れる練習から始めましょう。

 

 

 

自分で歯ブラシを持つようになったら

自分みがき

子どもが自分で歯ブラシを持つ時は必ず座る約束をして、保護者は付き添って目を離さないでください。

“くちゅくちゅぺ”が出来るようになったら、フッ素入り歯磨き剤を豆粒大使用するようにします。

+

仕上げみがき

自分でしっかり磨けるようになるまでは、保護者が仕上げ磨きをしましょう。

徐々に上手になりますが、永久歯へ生え変わり始めると磨き残しが増えます。

小学校の低学年までは仕上げ磨きを続けてください。

 

 


 

大阪メトロ谷町線の千林大宮駅・京阪本線の千林駅より徒歩5分

大阪メトロ谷町線の太子橋今市駅より徒歩15分

 

〒535-0011
大阪市旭区今市2-1-2 パインヴィレッジ1F

うえのファミリー歯科クリニック

TEL: 06-6955-1182