うえのファミリー歯科クリニック【今市・千林商店街】 うえのファミリー歯科クリニック【今市・千林商店街】

今市・千林商店街の歯医者さん

MENU

service

詰め物・被せ物・入れ歯

診療内容
詰め物・被せ物・入れ歯

詰め物

比較的小さい虫歯の場合は、「コンポジットレジン」という樹脂製の白い材料を歯につけて修復します。

虫歯が大きい場合は、型取りが必要になります。
歯の型取りをして作るタイプの詰め物を「インレー」といいます。

インレーとは?

インレーは、コンポジットレジンでは修復が難しい場合に型取りをして作製します。
型取りして、模型を作りインレーが出来上がるまで、通常一週間近くかかります。

保険治療だけでなく、保険適用外の材料を使うことも可能です。
お気軽にご相談ください。

被せ物(クラウン)

歯が虫歯などで大きく壊れた場合は、クラウンと呼ばれる被せ物を使って修復します。
保険治療が可能な、いわゆる銀歯と呼ばれる金属冠はもちろん、保険適用外の被せ物も作製いたします。
金属アレルギーが心配な方や、見た目を気にされる方は、セラミックなどの保険適用外の被せ物をお選びになっています。

ブリッジ

歯が無くなった時に、その両隣りの歯を削って固定式のブリッジを入れます。
固定式のブリッジは厚生労働省が決めたルールに基づき、抜けてしまっている歯の本数や、残っている歯の場所により保険でできるものと保険でできないものがあります。

入れ歯治療

食べることは生きることに直結し、噛むことは脳に大きな影響を与えていることもわかってきています。

歯を失った方でも、食を楽しみ、しっかり噛んで味わえるよう、患者様ひとりひとりのお口の中に合わせた入れ歯を作製いたします。

今の入れ歯が合わないという方もご来院ください

使用中の入れ歯によるトラブルは、

  • 入れ歯が歯ぐきにあたって痛い
  • 入れ歯と歯ぐきの間に食べ物が挟まってしまう
  • 入れ歯がすぐに外れる
  • 口を開けて話せない

など、患者様のお悩みは多岐に渡ります。

 

このようなトラブルの原因は、

  1. 入れ歯の劣化
  2. 歯ぐきや歯の状態の変化
  3. 噛み合わせや筋肉の動きに入れ歯が対応できていない

などの理由があげられます。

 

今の入れ歯が合わないという患者様は、お気軽にうえのファミリー歯科クリニックまでご相談ください。

調整、修理や作り直しでピッタリの入れ歯を作製いたします。

 

保険適用の入れ歯、自費の入れ歯など、患者様のご都合に合わせた対応が可能です。

総入れ歯と部分入れ歯の違い

総入れ歯とは、歯を全て失ってしまった方を対象とした入れ歯です。

部分入れ歯は、一部の歯だけを失ってしまった方を対象に、残った健康な歯を守りながら、失ってしまった歯によって起こる噛みにくいなどの症状を、入れ歯で補います。

保険適用の入れ歯

保険適用の入れ歯は、基本的にプラスチック製です。

素材の特性上、分厚く舌触りが悪い、また熱が伝わりにくく食べ物の温度が感じづらいという欠点がありますが、自費の入れ歯と比べ、料金が安く、修理がしやすいというメリットがあります。

入れ歯の作製にかかる時間

入れ歯はほとんどが手作業で行われ、歯科技工士と打ち合わせをしながら、患者様ひとりひとりに合わせてオーダーメイドで作製していきます。

 

1回や2回のご来院で作製が完了できるケースもありますが、4回・5回と通院いただくこともございます。

精密な作業となりますので、時間をかけて作ったほうが良いものが出来上がる可能性もあがります。

 

また、完成して終わりではなく、実際に使用していただいてから調整を行い、患者様にぴったりの入れ歯を作製いたします。

入れ歯とインプラント治療の違い

入れ歯とインプラント治療の違いは、外科的な処置が行われるかどうかです。

インプラント治療は、骨にチタン製の土台を埋め込む必要があります。

 

一方、入れ歯は義歯をはめるようなイメージとなり、外科的な処置は基本的に必要ありません。

 

最近では、入れ歯・インプラント治療共に、治療技術が進歩していますので、お互いのメリット・デメリットと患者様のお口の中の環境や身体的な状況をふまえ、最適な治療をご提案いたします。

インプラントと入れ歯を併用した治療

インプラントを固定源として、入れ歯を安定させる治療です。

患者様自身で簡単に取り外しも可能で、清掃も容易となります。