うえのファミリー歯科クリニック【大阪市旭区 今市・千林商店街】 うえのファミリー歯科クリニック【大阪市旭区 今市・千林商店街】

今市・千林商店街の歯医者さん

MENU

service

小児歯科・マタニティ

診療内容
小児歯科・マタニティ

小児歯科とは?

小児歯科とは、成長発育期にあるお子様の虫歯の予防や治療を行う診療科です。

いつからいつまでといった、対象となるお子様の年齢に特別な定めはありません。

基本的には0歳~15歳くらいのお子様を対象としています。

うえのファミリー歯科クリニックでは、キッズルームを設け、お子様が通いやすい環境を整えています。
また、お母様が治療中の場合も、治療室内にもキッズルームを設けていますので、安心して治療をお受け頂けます。

小児歯科の虫歯の治療

 

乳歯・永久歯で、大きな虫歯の治療の違いはありません。

よく勘違いされる親御様の意見で、「どうせ乳歯だから生え変わるでしょう」というものがありますが、これは困った意見です。

 

乳歯の虫歯治療を怠った場合、生え変わる永久歯にも影響を及ぼしてしまい、健康なお口の中の維持の妨げになることが考えられます。

乳歯といえども、虫歯になってしまった場合は、しっかり治療を行うことが大切です。

 

また、どうしてもお子様が治療を嫌がってしまうという場合は、進行止めのお薬を塗って、再度受診していきましょう。

子供の虫歯の原因

子供の虫歯の原因は、大人にはない特徴があります。

 

  1. 歯磨きがうまくできていない
    お子様の場合、技術が未熟なために磨き残しがでてしまい、虫歯の原因となってしまいます。
  2. 乳歯のエナメル質や象牙質が薄い
    乳歯は永久歯に比べ、エナメル質や象牙質が薄いという特徴があります。
    そのため、大人より虫歯の進行が早くなってしまいます。
  3. 食べカスが溜まりやすい
    乳歯は、永久歯に比べて歯の溝が多く深いため、食べカスなどが溜まりやすいという特徴があります。
    そのため、磨き残しが多くなり、虫歯菌が増殖しやすい環境をつくってしまいます。

虫歯治療前の準備

虫歯の治療は大人でも好きな人はいません、お子様となるともっと大変なことです。

治療中のお子様の安全を確保するために、以下のことに注意しましょう!

 

  • 歯医者は怖いところというイメージを与えないようにしましょう!
  • なるべく嘘はつかず、正直に歯医者へ行くことを告げましょう!
    嘘だったとわかった際に、かえって嫌がる原因になってしまいます。
  • 待合室で出来るだけリラックスできるよう、本の読み聞かせやおもちゃで遊んであげるようにしてください。
  • お子様がちょっとでも上手に治療を受けられたら、たくさん褒めてあげてください。

極力痛みを抑えた治療を心がけますが、やはり虫歯になる前から予防していくことが最も大事なことです。

歯磨き指導でお子様の歯磨き意識を高める

子供の乳歯や生え始めの永久歯は、大人の歯に比べると虫歯になりやすい弱い歯です。

お子様の頃から、予防を意識することで、虫歯にならない健康的なお口の中を維持できます。

 

予防については、こちらで詳しくご確認ください。

小児歯科の矯正

 

噛み合わせや歯並びの悪さは、お口の中の環境悪化につながってしまいます。

最近では、お子様の頃から矯正を行う親御様が増えてきており、矯正することで見た目の綺麗さだけでなく、虫歯や歯周病の予防にも効果的です。

 

また、お子様の段階での矯正は、上下の顎の骨のバランスを整えやすく、子供のときから矯正治療を開始したほうが良い場合があります。

 

小児歯科の矯正は、いつからできる?という疑問をお持ちの親御様も多いと思います。

基本的に6歳~小学校中学年くらいまでの乳歯と永久歯が混在する時期の一期治療と、小学校高学年から中学校くらいまでの永久歯が生え揃った時期の二期治療の2種類にわかれます。

 

お子様の矯正治療をお考えの方は、お気軽にご相談ください。

※矯正治療は、保険適用外となります。

マタニティ歯科とは

マタニティ歯科とは、妊婦さんを対象とした診療をいいます。

母子手帳にも「妊娠中と産後の歯の状態」ページがあるほど、妊婦さんと歯科は、とても密接に関係しています。

 

妊娠すると心も身体も不安定となり、お口の中も普段とは異なるため、マタニティ歯科ではお母さんの身体とお口の健康を考え、安心して出産いただけるよう治療を行います。

うえのファミリー歯科クリニックでは、キッズルームはもちろん、診療室にもキッズルームを設け、お母様の治療中でも側にいられるよう、配慮しております。

マタニティ歯科の治療

妊娠中はお口の健康状態が変わる

妊娠や出産を境にして、虫歯や歯周病になるお母さんが大勢おられます。

妊娠や出産は、身体に大きな負担がかかるため、お口の中にも同じように影響してしまうのです。

お口の健康状態が変わる主な原因は、

 

  • ツワリなどで食事回数が増える(食べづわり)
  • 体調が不安定な日が多く、歯磨き(ブラッシング)が上手にできないもとになる
  • 酸味の強い食事を好む傾向があり、お口の中が酸性になりやすい
  • 栄養分をお腹の中の赤ちゃんと分け合うため、カルシウムが不足しがち
  • 妊娠期の女性ホルモンで増殖する歯周病菌がいる
  • 免疫力が低下しやすい

など、原因は多岐に渡ります。

心も不安定だからこそ丁寧な説明と治療を

妊娠中には使えないお薬があるなど、妊娠中の歯科治療には制限があります。

また、妊娠中の方は、心も身体も不安定な状態ですので、うえのファミリー歯科クリニックでは患者様の体調やお口の中の状態に合わせて、ゆっくり丁寧にご説明しながら、できるだけ不安を取り除けるよう治療を進めていきます。

虫歯菌はお子様に感染してしまう

妊婦さんのお口のケアは、産まれてくるお子様のためでもあります。

これから産まれてくるお子様になぜ、お母さんのお口の中の状態が関係するのでしょうか?

 

  • お子様に虫歯菌が感染

もともと、赤ちゃんの口の中には虫歯菌はいません。

お子様の虫歯は、大人から感染することで発症してしまいます。

つまり、お母さんのお口の中のケア・虫歯の治療を行うことは、お子様のお口の中の健康を守ることにつながります。

 

  • 歯周病が低体重児出産につながる

妊婦さんが歯周病にかかっていると、低体重児出産リスクが高まることがわかっています。

歯周病をケアすることで、歯周病による早産や流産のリスクを減らす可能性があります。

 

安定期に入ったら早めに受診ください

妊娠後期になってしまうと、お腹が大きくなり仰向けで診療するのが困難になりますので、つわりが落ち着く安定期(妊娠4ヶ月)に入ったタイミングで、お早めの、受診をおすすめします。

 

妊娠中はどうしても治療やお薬に制限がありますので、できれば妊娠前から定期検診を受け、日頃からお口のケアを意識しましょう。